2013年01月27日

1月27日「幸せへのひと足」

降誕節第5主日
子どもと大人の合同礼拝
*週報(礼拝順序)*

週報20130127.pdf
※新共同訳聖書・讃美歌21を使用
(PDF閲覧ソフト「Adobe Reader 」のダウンロード

*聖句抜粋*
マタイによる福音書5章1〜12節
《イエスはこの群衆を見て、山に登られた。腰を下ろされると、弟子たちが近くに寄って来た。そこで、イエスは口を開き、教えられた。「心の貧しい人々は、幸いである、天の国はその人たちのものである。悲しむ人々は、幸いである、その人たちは慰められる。柔和な人々は、幸いである、その人たちは地を受け継ぐ。義に飢え渇く人々は、幸いである、その人たちは満たされる。憐れみ深い人々は、幸いである、その人たちは憐れみを受ける。心の清い人々は、幸いである、その人たちは神を見る。平和を実現する人々は、幸いである、その人たちは神の子と呼ばれる。義のために迫害される人々は、幸いである、天の国はその人たちのものである。わたしのためにののしられ、迫害され、身に覚えのないことであらゆる悪口を浴びせられるとき、あなたがたは幸いである。喜びなさい。大いに喜びなさい。天には大きな報いがある。あなたがたより前の預言者たちも、同じように迫害されたのである。」》

↓音声配信↓
礼拝メッセージ+お祈り(約32分)

…………
にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタント(クリスチャン)へ
にほんブログ村
posted by 青森教会 at 16:27| Comment(0) | 主日礼拝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月20日

1月20日主日礼拝「自分の足で立って」

降誕節第4主日礼拝
*週報(礼拝順序)*

週報20130120.pdf
※新共同訳聖書・讃美歌21を使用
(PDF閲覧ソフト「Adobe Reader 」のダウンロード

*聖句抜粋*
マタイによる福音書4章18〜25節
《イエスは、ガリラヤ湖のほとりを歩いておられたとき、二人の兄弟、ペトロと呼ばれるシモンとその兄弟アンデレが、湖で網を打っているのを御覧になった。彼らは漁師だった。イエスは、「わたしについて来なさい。人間をとる漁師にしよう」と言われた。二人はすぐに網を捨てて従った。そこから進んで、別の二人の兄弟、ゼベダイの子ヤコブとその兄弟ヨハネが、父親のゼベダイと一緒に、舟の中で網の手入れをしているのを御覧になると、彼らをお呼びになった。この二人もすぐに、舟と父親とを残してイエスに従った。
イエスはガリラヤ中を回って、諸会堂で教え、御国の福音を宣べ伝え、また、民衆のありとあらゆる病気や患いをいやされた。そこで、イエスの評判がシリア中に広まった。人々がイエスのところへ、いろいろな病気や苦しみに悩む者、悪霊に取りつかれた者、てんかんの者、中風の者など、あらゆる病人を連れて来たので、これらの人々をいやされた。こうして、ガリラヤ、デカポリス、エルサレム、ユダヤ、ヨルダン川の向こう側から、大勢の群衆が来てイエスに従った。》

↓音声配信↓
礼拝メッセージ+お祈り(約32分)

…………
にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタント(クリスチャン)へ
にほんブログ村
posted by 青森教会 at 17:22| Comment(0) | 主日礼拝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月13日

1月13日主日礼拝「なんという喜び」

降誕節第3主日礼拝
*週報(礼拝順序)*

週報20130113.pdf
※新共同訳聖書・讃美歌21を使用
(PDF閲覧ソフト「Adobe Reader 」のダウンロード

*聖句抜粋*
マタイによる福音書3章13-17節
《そのとき、イエスが、ガリラヤからヨルダン川のヨハネのところへ来られた。彼から洗礼を受けるためである。ところが、ヨハネは、それを思いとどまらせようとして言った。「わたしこそ、あなたから洗礼を受けるべきなのに、あなたが、わたしのところへ来られたのですか。」しかし、イエスはお答えになった。「今は、止めないでほしい。正しいことをすべて行うのは、我々にふさわしいことです。」そこで、ヨハネはイエスの言われるとおりにした。イエスは洗礼を受けると、すぐ水の中から上がられた。そのとき、天がイエスに向かって開いた。イエスは、神の霊が鳩のように御自分の上に降って来るのを御覧になった。そのとき、「これはわたしの愛する子、わたしの心に適う者」と言う声が、天から聞こえた。》

↓音声配信↓
礼拝メッセージ+お祈り(約30分)

…………
にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタント(クリスチャン)へ
にほんブログ村
posted by 青森教会 at 14:46| Comment(0) | 主日礼拝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。